top of page

セクシャリティ解放のお手本は、お祭りで歌って踊りながら集客していた*シンママの生活



私のセクシャリティ解放のお手本はこの人だ

と思った話をします。


この人というよりも、私の息子(小2)、なんですが…!


あまり息子のキャラクターは発信していませんでしたが、

(本人が大きくなってどう思うかな?とか考えてしまい)


でも、本人がここまで濃いキャラならば、

もはや私が口外することでの罪はほぼないのではないかと感じ^^;


たまには書いてみることにしました!



無意識にセクシャリティを抑え込んでいる可能性はない?


読んでくださった方に、そんな問いかけができる内容になっていたら嬉しいな♡


ほぼプライベート、息子への愛が詰まった!?ブログです。笑





セクシャリティとは生命力

セクシャリティと聞いて、色気やセクシーなものをイメージされた方。

「なんで小さな子ども(息子)がセクシャリティ解放のお手本なの?」と思われたかもしれません。


たしかに、そういった性的魅力もセクシャリティのひとつ♡



なのですが、実は、セクシャリティとは

その人本来のありのままの魅力

生命力のことをいいます。


よく使われている言葉で表現するならば、

自分らしさでしょうか♪


つまり、人によって、そのセクシャリティは様々です。


可愛らしさだったり、自由さだったり、たくましさだったり…


その人の持つ、男性性と女性性に結びついているものとも言えます。



この定義からすると、

私が小2の息子にセクシャリティを感じるのも、ご納得いただけると思います。



セクシャリティは誰しもが持っているものであり、人を惹きつける魅力。


人からどう見られるかよりも自分に意識が向いている小さな子どもは、

セクシャリティをまっすぐに表現していることが多いですよね。





息子、お祭りでセクシャリティ大解放

息子がセクシャリティ解放のお手本だわ、

と思った最近のエピソードをお話します。



家の横の広場で、小さなお祭りが開催され。

自分でお小遣いを持って行きたいと、キラキラしたお顔で言われました。


ほぼ毎日遊んでいる場所。

すぐに様子は見に行けるし、キッズ携帯を持たせていれば安心かなとOKして行かせました。



で、時々電話し、様子の確認はしていたのですが…

その時は気づかなかったんです。


息子が独特のお祭りの楽しみ方をしていたことに^^;



お祭りから戻ってきた息子に、

どんなことをしたのか、具体的に聞いてみたんですね。



・ステージをお友達と見ていたら呼ばれたため、登壇し、叫びながらポーズを決める。


MJ様のフォー!を披露したのだとか。



・自ら店員に声をかけ、発案し、不人気の出店の呼び込みをする。


スーパーで流れてるメロディを歌ったり。

自作の踊りを披露したり。

そうやって注目を集めたところで、「唐揚げ美味しいですよ~」と拡声器で集客。


他のお店と違い人が並んでいなかったため、

なぜだろうと分析し、集客の提案をしたのだと。



息子のキャラの濃さは認識していたものの。

まさか歌って踊って集客しているとは…!!



息子にはいつもギョッとさせられる💦

なんでも自分で発想し、いつの間にか勝手にやっている^^;






他にも、もっと小さい頃から色々エピソードがあって。


例えば・・・



・年中の頃の息子。見知らぬおじさまにお尻を拭かせる。


スーパーでうんちに行きたくなった息子。

私が連れて行こうとしているのに、待たずに男トイレに入る。


が、自分がまだお尻をうまく拭けなかったことを思い出し、たまたま居合わせたおじさまに

「お尻拭いてくれませんか?」とお願いして済ます。



・年長の頃。遊びに行ったパパのところ(離婚しているので家が別)で勝手に外出し迷子になる。


マックで店員さんに声をかけているところで見つかるのだが…

本人に迷子の自覚はなく。(←いつもそう)


外出したが、お腹がすく

→パパとお昼はマックにしようと話していたことを思い出し

→マックに行き、店員さんに「パパとここで食べる約束してるんだけど、僕のパパはもう来てますか?」と尋ね、困惑させる。



・友達間で仲間割れをした時。自分は賛同できないからと、どちらの味方にもならないと決意し、ひとりで遊ぶことを選択。


その時、息子は私に

「時間が経てば、人の気持ちは変わることがあるでしょ?だから待ってみる」

「まずは自分のことを大事にするんだって思ったとき、俺は友達を大事にしたいと思った。だからいまは、誰の味方にもならない。皆大事だから。」

と決意を告げる。




とか。もうね、枠がないんですよ…

海外でも親から離れるし、人に声をかけるし。


本当に、「自由」なんです。

そして、いつもその突飛な行動には、彼にとっての理屈や優しさがある…



息子らしさ、セクシャリティが全開なんです。

(親としては困りごとが多いのだが)





自分のなかの当たり前・思い込みを疑ってみよう

息子の様子を見ていると、いかに自分が、

他人軸・固定観念の塊・完璧主義なのかってことに気づくんですよね…



人の目を気にして行動できていなかったり。


本当は惹かれているくせに、こうあるべきの思考で選べなかったり。


素直に頼ればいいところ、自己完結していたり。


役割(大人だから、女だから、母だから…)に縛られて生きていたり。



息子の姿で、自分を振り返り、気づくことが多いんです。



私の当たり前って、本当にそう?

その思い込みが自分に合ってなかったんじゃない?

どれだけでも自由に好きにしていいよって言われたら、私はこれを選んでいただろうか?と。



私は息子から、

もっと自由に、もっと自分らしく生きていい。

そんなメッセージを与えてもらっているなと感じます。



実際、カウンセラーになってからも

色んな場面で「自由になる」テーマに出くわしている私。


私のセクシャリティは、自由さなんだろうと感じるこの頃です。



あなたのセクシャリティは、どんなものでしょうか?

セクシャリティの解放、できていますか?


自分のなかの、当たり前・思い込みを疑ってみる。

あなたに起こる出来事から、これらをチェックしてみると気づきを得られるかもしれません♪





そんな息子の将来の夢。何だと思いますか?

さて、そんな自由な息子の将来の夢。

何だと思いますか?♡



正解は・・・お笑い芸人!


お友達を笑わせるのが大好きだと言う息子。



「大人になる前の日に、コンビを組む。大人になるまでには時間があるから、いまよりもっと友達が増えてるでしょ?たくさんの友達の中から、最高におもろい奴と組む」

なのだそう。


君の未来に幸あれ✧*。

と願う母でした。笑




あなたのセクシャリティも、素敵に開花しますように♡

応援しています。



彩aya



10月カウンセリング【限定3枠】募集中です♡

⇩詳細は画像をクリック!


Comentarios


                   彩aya*活動情報                   

67605.jpg

公式LINEのご登録がおすすめ💖

ご登録いただきますと

カウンセリング日程の優先案内

限定イベントへのお誘い

など、お得な情報をお届けいたします♡​

 ぜひご登録ください!

スクリーンショット_20230108_200759.png

✧*。カウンセリングのご感想✧*。

 

 

◆彼の言動に一喜一憂することに疲れつつも、やっぱり彼のことが好きでこれからも一緒にいたいという気持ちの中で葛藤していました。

自分はどうしたいのか、自分がどうすれば後悔が少ないのかなど一緒に考えを整理してくださり、彼との接し方での迷いがなくなりました。(Yさま)

 

◆こんなに自分のことを思って、幸せになると信じてくれる方がいてビックリしました。
気持ちがどん底になるような出来事があった時も、真摯にサポートしてくれて救われました。
人生、色んなことがありますが、どうしようと崖っぷちに立った時に、彩さんがいてくれると思うとなんか、今後も色々と立ち向かえそう^ ^(Rさま)

◆周りから反対される恋だけど、信じたい私の気持ちを尊重して応援して下さった彩さんの気持ちが、私の事を分かってもらえたっていう嬉しさも凄くありました。(Aさま)

◆自分が求め、探していた感覚と合致しました。「そうそう、今の私が探してたのはコレだー」と、腑に落ちました。

私自身が自分の欲しいものに気付いてあげる、そのお手伝いを彩さんにしていただきました。(Iさま)

​◆一つ一つとても真摯に対応してくださり、彩さんのお人柄が伝わってきました。

ご自身の経験をユーモアたっぷりにお話しくださり、自然に笑いが出て和みました。とても楽しく、安心してお話しすることができました。(Fさま)

​◆「どんな自分でいいんだ!」と自分を許すことができるようになっていました。 気づけばこれまでの自分とは明らかに違う、新たな自分に出会えた感じです。(Nさま)

 

 

◆カウンセリング後、とても心が軽くなり、悩みの質みたいなものが良くなったと感じました!ほんとにありがとうございました!(Sさま)

 

 

◆自分にとっての幸せは何だろうと模索していましたが、まさに彩さんのカウンセリングは「あなたにとっての幸せ」を一緒に考えてくださる時間でした。

彩さん自身の経験も交えながらも、まずは私がどうしたいか、私の価値観はどうなのかをしっかり聞いていただき、そこに向かっての目から鱗なアドバイスをたくさんしていただきました。

本当にありがとうございました! (Yさま)

bottom of page